075-741-6531
受付時間
月~金 9:00~21:00
定休日
土曜・日曜・祝日

遺産分割協議書の作成

  1. THE LEGAL GROUP >
  2. 遺産相続に関する記事一覧 >
  3. 遺産分割協議書の作成

遺産分割協議書の作成

遺産分割協議書とは、相続人が遺産分割協議(相続人の全員の合意で遺産の分け方(=遺産分割)を決めること)で合意した内容を書面に取りまとめ、相続人全員の合意書として成立させる書類のことをいいます。

これは、相続人全員の合意を明確にしたり、後々生じかねないトラブルを防止したりする効果があります。

また、遺産分割協議書は、相続税の申告だけでなく、銀行預金の名義変更や相続登記の際にも必要になります。単独相続するのなら話は別ですが、遺産分割協議を行うのならば、作成が必須となるでしょう。

書き方のルールは特にありません。大切なことは、誰がどの財産を取得するのかを、もれなく明確に記載することです。そして、作成した書面にすべての相続人が目を通して納得したら、相続人全員が署名・押印します。相続登記などでこの協議書を提出する場合、一緒に印鑑証明書の提出が求められるので、実印を押しましょう。
書類は相続人の人数分作成して、それぞれが保管します。

何度話し合っても分割方法が決まらない場合は、家庭裁判所に調停申立書や必要書類を提出して、第三者を介入させて話し合う「調停」を利用するのがよいでしょう。調停では家事審判官と調停委員の仲介の下、相続人の話し合いによって解決することを目指します。ここで合意が得られたら遺産分割協議書と同じ効力を持つ調停調書が作成されます。

なお、調停を行ってもうまくいかない場合は「審判」で解決することになります。審判では第三者が様々な事情を考慮して分割方法を決めるので、自分の意に反する内容となる場合があり、また審判の決定には法的強制力があるので、各々の相続人はこの決定に従わなくてはならないので注意が必要です。

THE LEGAL GROUPが提供する基礎知識

  • 司法書士に依頼をした際の報酬の相場

    司法書士に依頼をした際...

    司法書士に会社設立の手続きを依頼した場合、いくら報酬として支払わなければならないのでしょうか。 具体的...

  • 合同会社の定款

    合同会社の定款

    合同会社(LLC)の定款作成は、社員1名以上によって定款の作成と記名押印がなされれば完成です。 株式会...

  • 相続放棄

    相続放棄

    相続人は、自分自身で相続するかしないかを決めることができます。 相続財産には家や土地、銀行預金などの...

  • 合同会社の代表社員の役割

    合同会社の代表社員の役割

    株式会社に出資した人のことを株主といいますが、これに対して、合同会社に対して出資した人のことを、社員と...

  • 定款とは

    定款とは

    定款とは、別名「会社の憲法」とも称され、会社法によってすべての企業に作成が義務付けられているものです。...

  • 相続人調査の内容と費用

    相続人調査の内容と費用

    相続人調査とは、相続の手続きなどと関連して、誰が相続人となるかを調べる作業をいいます。 ■調査の範囲...

  • 定款の変更

    定款の変更

    定款変更を行う場合、登記に関係のない定款変更は、株主総会で定款変更の決議を経て、その議事の内容と決議の...

  • 相続人調査とは

    相続人調査とは

    相続人は被相続人の「死亡から出生までの連続した戸籍謄本類」をもとに調べます。戸籍謄本類とは、具体的には...

  • 法人登記

    法人登記

    法人登記とは、自社の概要を公にし、法人としての認定を公的に受けるための制度です。 法人登記は企業の義務...

ページトップへ