075-741-6531
受付時間
月~金 9:00~21:00
定休日
土曜・日曜・祝日

生前対策

  1. THE LEGAL GROUP >
  2. 遺産相続に関する記事一覧 >
  3. 生前対策

生前対策

「遺産争いなんて資産家だけの話」と思っている方も多いかもしれませんが相続財産の多少にかかわらず、トラブルは起きますし、仲のよい家族でも残念ながら争いが起きる可能性があります。

このような争いによって「争族」とならないように、事前に対策しておく必要があります(生前対策)。生前対策は、先逝く者の最期の使命といえるでしょう。

生前対策は大きく分けて3つあります。
①遺産分割対策
相続人の1人だけが多額の贈与を受けている場合や、別の相続人が介護を一手に引き受けた場合、「特別受益」や「寄与分」を検討することになりますが、これらが争いの原因になることが多いです。そのため、遺言を残して各相続人の事情を考慮した遺産の分け方を指定するのがよいでしょう。遺言書の書き方は自筆証書遺言や公正証書遺言、秘密証書遺言の3つ形式があり、「どの形式で残すか」が案外重要な事項になります。
「遺言を残すのにはまだ抵抗がある」という方はエンディングノートなどを利用するとよいでしょう。

②納税資金対策
資産が多く、相続税を支払う必要がありそうなら、相続税対策も必要となります。相続税の納税は期限が定められており、期限までに収めるのが難しい場合は、延納や物納を検討するなど、早めの準備が必要です。

③節税対策
納税資金で困らないためには相続税をいかに抑えるかも重要です。
相続税を抑えるのに一番効果的なのは生前贈与です。相続人の相続開始前3年以内の贈与は相続税の対象になりますが(生前贈与加算)、夫婦間の贈与の特例(贈与税の配偶者控除)や相続時精算課税の特例、住宅取得資金の贈与の特例など、非課税枠が設けられており、節税するのに有効です。

相続対策というと、③の節税対策のことばかり考えがちですが、節税よりも大事なことは、残された家族が争わないように遺産分割対策(争族対策)を最優先に考えること。そのうえで、確実に納税できるように準備し、無理のない範囲で節税対策を行いましょう。

THE LEGAL GROUPが提供する基礎知識

  • 株式会社の定款

    株式会社の定款

    株式会社の定款における特徴は、公証人役場で定款の認証を受けなければならないという点がまず挙げられます。...

  • 数次相続の遺産分割協議書

    数次相続の遺産分割協議書

    数次相続とは、たとえば、夫Aと妻Bという夫婦がおり、二人の間に子Cと子Dがいるという家族がいる場合に、...

  • 所有権移転登記とは

    所有権移転登記とは

    民法177条により、「不動産に関する物件の得喪及び変更は、不動産登記法(平成十六年法律第百二十三号)そ...

  • 株式会社の設立

    株式会社の設立

    株式会社設立のステップとしては大まかに分けて5つ存在します。 ・会社設立準備 株式会社の設立を考えた...

  • 遺産相続を司法書士に依頼するメリット

    遺産相続を司法書士に依...

    遺言の作成も、相続税の申告も、間違いなく進めるのはなかなか大変なことです。遺産相続の手続に不安を覚える...

  • 会社設立を司法書士に依頼するメリット

    会社設立を司法書士に依...

    会社の設立手続きを依頼した場合、司法書士であれば、ほとんど全ての手続きを一任することができます。 ちな...

  • 遺産整理とは

    遺産整理とは

    遺産整理とは、相続開始後に必要となる遺産相続手続きを、司法書士や行政書士、銀行などが相続人全員の代理人...

  • 司法書士に依頼をした際の報酬の相場

    司法書士に依頼をした際...

    司法書士に会社設立の手続きを依頼した場合、いくら報酬として支払わなければならないのでしょうか。 具体的...

  • 相続放棄

    相続放棄

    相続人は、自分自身で相続するかしないかを決めることができます。 相続財産には家や土地、銀行預金などの...

ページトップへ