075-741-6531
受付時間
月~金 9:00~21:00
定休日
土曜・日曜・祝日

会社設立の流れ

  1. THE LEGAL GROUP >
  2. 会社設立に関する記事一覧 >
  3. 会社設立の流れ

会社設立の流れ

会社設立の流れとしては、主に5つのステップが存在します。

一つ目は、「会社設立準備」です。
この段階では、設立項目の設定や印鑑の作成を行います。
設立項目とは、商号(社名)や事業目的、本店所在地など次に説明する「定款」を作るために必要となる情報のことです。
ここで具体的にどういった事業を行っていくのか等を決定しておかなければ、「定款」作成には着手できません。

そうして設立項目の作成ができると、続いて「定款の作成と認証」に移ります。

「定款」とは、簡単に言えばその会社にとってのルールになります。
会社を設立する上で定款の作成は義務付けられており、設立登記の際に必要となります。
定款には、商号や事業目的などの「絶対的記載事項」、取締役の任期延長に関してなど記載することで効果を発揮する「相対的記載事項」、営業年度など記載しなくても良い「任意的記載事項」が存在します。
この定款作成が会社設立にあたって最初にぶつかる壁だと言われていますから、ある程度の時間をかけてしっかりと作成することが大切です。

そして、定款の作成が完了すると次に「登記書類の作成」に移ります。

ここでは資本金の振り込みを行うことや、登記の際に必要な印鑑証明書などの各種証明書を取得することが目的となります。

こうして登記に必要な各種証明書を用意すると、次に「会社設立登記」となります。

会社設立登記は法務局による業務となるため、申請を行うことでこのステップは終了となります。
申請は、実際に法務局へと足を運ぶだけでなく、郵送やネット上でも行うことが出来ます。
また、申請はおよそ一週間で受領されます。

次に行うべきことは「開業届出」です。

開業の届け出先は税務署や労働基準監督署、都道府県など多種多様です。
会社の運営を始めるまでに各種届出を済ませておきましょう。

以上、5つのステップが完了すると、晴れて会社の運営がスタートします。

会社設立のためには上記の通り、煩雑な手続きが必要となります。
そのため、会社設立の際には専門家に相談し、着実に手続きを行っていくことが大切です

司法書士事務所THE LEGALは、京都市下京区を中心に京都府、滋賀県にて皆様の問題解決に尽力いたしております。
起業をお考えの方や個人事業の法人化でお悩みの方は、我々にご相談ください。

THE LEGAL GROUPが提供する基礎知識

  • 相続財産調査とは

    相続財産調査とは

    相続が開始した際、まずはじめに相続財産の調査をしなければなりません。 相続財産には、不動産や預貯金な...

  • 相続人調査の内容と費用

    相続人調査の内容と費用

    相続人調査とは、相続の手続きなどと関連して、誰が相続人となるかを調べる作業をいいます。 ■調査の範囲...

  • 相続相談

    相続相談

    司法書士の業務には、登記手続きの代行や、裁判所に提出する書類を作成すること等があります(司法書士法3条...

  • 不動産の相続対策

    不動産の相続対策

    故人の財産に不動産が含まれていた場合、その不動産は、相続人となる配偶者や子(場合によっては、兄弟姉妹、...

  • 司法書士に依頼をした際の報酬の相場

    司法書士に依頼をした際...

    司法書士に会社設立の手続きを依頼した場合、いくら報酬として支払わなければならないのでしょうか。 具体的...

  • 相続登記とは

    相続登記とは

    遺産分割協議が合意に至った後、土地などの不動産を相続した時、その名義変更または解約手続きをしなければな...

  • 生前対策

    生前対策

    「遺産争いなんて資産家だけの話」と思っている方も多いかもしれませんが相続財産の多少にかかわらず、トラブ...

  • アメリカで会社設立するには

    アメリカで会社設立するには

    まず、アメリカで会社を設立する第一歩は、設立する会社の形態を選択することです。 アメリカで設立できる会...

  • 会社設立の流れ

    会社設立の流れ

    会社設立の流れとしては、主に5つのステップが存在します。 一つ目は、「会社設立準備」です。 この段階...

ページトップへ