075-741-6531
受付時間
月~金 9:00~21:00
定休日
土曜・日曜・祝日

会社設立に必要な費用

  1. THE LEGAL GROUP >
  2. 会社設立に関する記事一覧 >
  3. 会社設立に必要な費用

会社設立に必要な費用

会社を設立する際、どれくらいの費用が掛かるのか気になる人は多いかと思います。
ここでは、株式会社と合同会社を設立する際に必要な費用について説明します。

・株式会社を設立する場合
株式会社を設立する場合、まず必要となるのが「資本金」の振り込みです。
かつては、資本金は1000万円以上でなければなりませんでしたが、現在では資本金が1円であっても会社の設立は行うことができます。
しかし、資本金が1円の企業に社会的な信用があるかと言えばありませんので、現実的ではありません。
一般的に資本金は1000万円以下に抑え、消費税の免税業者にすることが多いです。

資本金の次に必要となる経費は法定費用です。
法定費用とは、登録免許税や手数料のことです。
株式会社を設立する場合、まず定款の認証を行わなければなりません。
この定款の認証の際、定款認証手数料として5万円が掛かります。
また、定款を電子定款で作成した場合は、定款に必要な収入印紙代4万円を払わなくて済みます。
定款の認証後は、登記所に行って会社の設立登記を行うのですが、この時、登録免許税として15万円が必要です。
15万円は登録免許税の最低金額であり、資本金額×0.7%の計算式で算出された値が15万円以上の場合は、そちらの金額を登録免許税として支払わなければなりません。

電子定款を作成すれば、収入印紙代の4万円を節約できると説明しましたが、電子定款を作成するには設備を揃えなければなりません。
電子定款作成のための設備としては、ICカードリーダや住民基本台帳ICカードなどが挙げられます。
こうした設備を揃えるのに結局の所、4万円近く掛かってしまうため、個人で電子定款を作成する場合は十分に考えて上で利用した方がいいと思われます。

・合同会社を設立する場合
合同会社の場合、株式会社では必要であった定款の認証を受ける必要がありません。
そのため、定款の時点で5万円程、合同会社の方が安くなっています。
実際に合同会社を設立する際に支払う費用は、登記をする際に必要な法定費用は、登録免許税6万円です。
ここも電子定款であれば収入印紙代を支払わなくてもよいのですが、紙の定款の場合は収入印紙代4万円が別途必要となります。

つまり電子定款を使った場合で考えると、株式会社の設立費用が約20万円、合同会社では約6万円となります。

自身が行う事業の規模などを考慮した上で、合理的な会社選びをすることが大切です。

司法書士事務所THE LEGALは、京都市下京区を中心に京都府、滋賀県にて皆様の問題解決に尽力いたしております。
起業をお考えの方や個人事業の法人化でお悩みの方は、我々にご相談ください。

THE LEGAL GROUPが提供する基礎知識

  • 相続財産調査とは

    相続財産調査とは

    相続が開始した際、まずはじめに相続財産の調査をしなければなりません。 相続財産には、不動産や預貯金な...

  • 法人登記

    法人登記

    法人登記とは、自社の概要を公にし、法人としての認定を公的に受けるための制度です。 法人登記は企業の義務...

  • 司法書士に依頼をした際の報酬の相場

    司法書士に依頼をした際...

    司法書士に会社設立の手続きを依頼した場合、いくら報酬として支払わなければならないのでしょうか。 具体的...

  • 数次相続の遺産分割協議書

    数次相続の遺産分割協議書

    数次相続とは、たとえば、夫Aと妻Bという夫婦がおり、二人の間に子Cと子Dがいるという家族がいる場合に、...

  • 会社設立の資本金

    会社設立の資本金

    かつては、株式会社を設立する際、1000万円以上の資本金がなくてはなりませんでした。 しかし、平成18...

  • 会社設立後の手続き

    会社設立後の手続き

    会社設立は登記が完了しただけでは終了になりません。 登記完了後には税務署や役所などに各種の届け出を行う...

  • 相続放棄

    相続放棄

    相続人は、自分自身で相続するかしないかを決めることができます。 相続財産には家や土地、銀行預金などの...

  • 所有権移転登記とは

    所有権移転登記とは

    民法177条により、「不動産に関する物件の得喪及び変更は、不動産登記法(平成十六年法律第百二十三号)そ...

  • 会社設立の流れ

    会社設立の流れ

    会社設立の流れとしては、主に5つのステップが存在します。 一つ目は、「会社設立準備」です。 この段階...

ページトップへ